2018年5月23日水曜日

ぶらり竹山の旅 台湾編 ④国立台湾工藝発展中心

 
竹山でさんざん寄り道した後
南投県草屯鎮の 国立台湾工藝発展中心 に向かいます。
 
3号線をスクーターで爆走。
それにしてもこの辺りの道は立派だわ。
 
工藝発展中心も立派な施設です。
ああ、それなのに。
閉館まであと 1 時間しかありません。
 
敗因は。。。茶畑まで行っちゃったことか。。。
 
今回台湾に来たのはここに来ようと思い立ったからなのに。
 
(えっ、そうだったの( ゚Д゚)
 
きっとまたおいでってことだね。
 
いつもの言い訳をしながら、気を取り直して見学開始!
敷地内に、美術館、産業展示館、体験施設、宿泊棟、研究棟...と
立派な建物がいくつも建っています。
 
ここはワークショップとカフェの入っている体験施設。
竹細工の部屋もあります。
200台湾ドル前後 (約1000円) からかご作りができるようになっています。
一般にも開放されているのがいいですね。
観光で行っても楽しめそうです。
 
本格的なプログラムも豊富です。
今年の竹細工の特別講座は渡辺千明さんだそうです。
(https://www.ntcri.gov.tw/information_130_83477.html)

日本の工藝は台湾の工藝の源の1つ。
現代の作家を招くことで交流が生まれ
台湾の工藝が発展することを目的としているのでしょうか。

いいなあ。日本でもこういうのやってくれないかな。
建物はいいから、中身だけでも。
 
文化政策や公共事業やらやるのには、
台湾にもいろんな事情があるからですが
それでも少しはお金が文化に回っていることは素晴らしい。
 
今回の訪問先にも、入場料無料の美術館や博物館がいくつもありました。
 
駆け足で施設を回ります。汗

こちらは美術館の展示室。
空間がえらく広いのはちょっぴり気になりますが
展示内容もなかなか。
 
時間不足で ゆっくり見ることはできなかったけど。
何とかたどり着けてよかった。
 
今回の竹細工の旅はここまで。
またいつか来る日まで。

2018年5月11日金曜日

ぶらり竹山の旅 台湾編 ③竹山の向こうがわ

3 日目もスクーターに乗って竹山へ。
今日は街の向こうにある山に行きます。
さすが竹山の山。
竹がいっぱい。
南投は自然を活かした観光名所も多く
天梯という長~い吊り橋や
 その先にある滝をみたり
これは...竹の実かな?
株立ちのバンブーに実がなっていました。
 こっちは伐り出された孟宗竹。
この辺は桂竹かな。
道路沿いも竹林が続きます。
市場で見たタケノコはここから来たんだな。
この辺りはおいしいウーロン茶の産地でもあります。
高山茶の茶畑を尋ねてさらに山奥へ。
茶畑が竹林に呑み込まれそうになっているよ。。。( ゚Д゚)
と思ったら、きちんと整備された竹林でした。
茶畑のとなりでタケノコを取っているのね。
なーんだ。
しかしその茶業も、労働力の問題や海外との競争もあって、下火になりつつあるそうです。
茶畑は、やっぱり何かに呑み込まれていくようでした。

誰が植えたのか茶畑のそばに八重桜の並木があります。
誰に見られるでもなく咲き誇っていました。

 

2018年4月27日金曜日

ぶらり竹山の旅 台湾編 ②竹山鎮へ

2日目の朝。
南投の宿、EG ホステルでスクーターを借りて竹山に出発~!

日本の免許と JAF の中国語翻訳文があれば運転できることを知り、早速入手。
(※排気量の関係で二輪免許が必要です)

田舎の道は走りやすくて気持ちいいなあ。。。

国道 3 号線をひた走り、集集緑色隧道に寄り道して、
今日も目的地になかなかたどり着けない予感 ♪
 
 集集線を越え
 
集集隧道を抜けて
寄り道しながら走ること しばらく

目的地の竹山鎮に到着です。
小さいけどなかなかおもむきのある街ではないですか。

改めて見ると、鍛冶屋横丁や、タケノコ市場もあったんだね。
時間が足りなくてたどり着けなかったよ。
(寄り道したからじゃん)
なにはともあれお昼ご飯。
小鎮文創のカフェに向かいます。
古びたバスセンターを改装したカフェ。
おしゃれだねえ。
メニューもなんだかオシャレです。
個人的には台湾料理が食べたい気分でしたが(笑)
竹細工の製品も置いてありました。
む。なんか見たことある。
『日式手提弁当箱』って…日本風かい~( ´艸`)
 
街の荒物屋さんで見かけた竹ぼうき。
まだ青い。 
散歩中に『竹生活文化協会』なるものを見つけました。
入ってみましょう。
中にいたスタッフさんに話を聞いてみます。
どうやらここは市民グループか何かの拠点らしく
作ったものを販売したり、ワークショップを開いたりしているようです。
「今日は先生がいないんだよ。残念~」
残念...(´・ω・`)

この辺りにはまだまだ竹細工ができる人がいっぱいいるそうです。
気を取り直して次の目的地へ。
街はずれにある竹山文化園区。
テーマはもちろん竹です。
これは竹細工でできた急須。
この辺りは茶の産地でもあります。

展示内容は南投市の方が分かりやすいかな。
でもすごく立派な設備で、二階にはお土産屋さんと体験ゾーンが。
 「竹遊びしようよ」
「こうやって投げるのよ」

むりやり槍投げに参加させらたので、投げやりに投げます。(笑)
「本当にこれ子供のときにやってたの?」
「ちゃうわ。あたしらの時はこれや」
二人そろってパチンコで鳥を撃つポーズ。

ウソだ。。。

それにしても、なぜか懐かしいこのノリ。
関西人か?
 
 竹遊びのあとは園内の竹林を散策。
歩道も整備されていてちょっとしたお散歩。
ヒミツの花園か。。。
何があるのかな。
行ってみよう。
 ...
やられた。何もないわ。
ボケかましてきよった。
「これから山に行くの?」
「無理だよ。雨降るよ」

え?ほんとに?

山の天気は変わりやすい。
空が怪しくなる前にスクーターで宿に戻ります。
竹山の旅は三日目に続きます。
 

2018年4月16日月曜日

ぶらり竹山の旅 台湾編 ①南投県南投市へ

 
ぶらり竹山の旅。
今回は台湾にやってまいりました。
 
久しぶりの更新が旅日記...  ( ´艸`)
 
(※竹細工もまだやっています) 
 
さて今回の目的地は台湾中部にある南投県の竹山鎮。
まずは台中からバスに乗って南投という街を目指します。
 
「南投に行く高速バスに乗りたいんですけど」
「南投のどこ?埔里?日月潭?」
「いえ、南投です」
 
( ゚д゚)?
 
「もしかして南投県南投市?」
「ハイ。南投県南投市の南投バス停に行きたいです」
 
( ゚д゚) マジで?
 
というやり取りを何回か繰り返して
路バスに揺られること 1 時間。

南投県南投市南投バス停に到着しました。



 
付近はこんな感じ。

なんていうかものすごく…

フツーの街だ...
フツー過ぎる街にドキドキしながら、とりあえず腹ごしらえに出かけます。
これは肉圓という肉団子のくずもち。パクチー乗ってておいしい。

「パクチー増し増しで」って中国語でなんていうのかな。
お腹が落ち着いたところで街の文化センターに向かいます。
まあ立派な建物ねえ。
 展示内容も
 民具から
 立派なかごから
 彫刻もあって
 
なかなか楽しめます。
しかも無料です!


これは...
竹の落とし穴を使ったイノシシ猟のジオラマ。
イノシシが困った顔で哀愁を漂わせています。

そんなのんびりとした街も次の日の朝には活気づいて
 朝市を走り抜けるスクーターに
 タケノコ売りのおじさん。
 朝堀りタケノコ。
こっちは桂竹かな。
 その間、おばさんたちは公園でダンスを踊り。
 おじさんはやっぱりタケノコを売っているのでした。
市場の食堂で腹ごしらえをしてから竹山に出発します~